建築資材メーカー【タキロンシーアイ】

2019年05月15日

その他

 

建築資材メーカー「タキロンシーアイ」は、創業は大正8年(1919年)に遡り会社形式で設立を見たのは昭和10年(1935年)になります。現在では本店を大阪市北区梅田においており、東証1部に上場を果たしています。現在の会社に至ったのは、2017年にタキロン株式会社とシーアイ化成株式会社が経営統合して経緯に辿ることができます。

経営理念には地球環境保護と事業の永続的発展をはかり、顧客に満足度の高い品質と価格の供給を掲げ社会の変化に敏感に感じ取り未知の分野への朝鮮に果敢に取り組むことを社是にしているのです。
建築資材は丈夫であるのはもちろんですが、現場にあっても扱いやすいことが何よりも求められます。完成後の建物で日常生活であったり各種の事業所であったりして利用形態には色々な場面が想定されますが、安心して暮らせる空間であるためには高品質の素材であることが当然の前提になっています。より安全で快適な日々のために、各種の分野での目覚しい技術革新やあらたな知見の取得など、技術の研鑽に努め時代が求めるものに臨機に提供できることが大切です。安全で快適な建物を提供するために、株式会社タキロンシーアイは、プラスチック素材の持つ可能性を更なる高みへの追求をやめないことにあります。長期間経過しても劣化に強く、耐候性も非常に強靭なのがプラスチック素材の特徴です。強靭でいながら重量の軽さも大きな持ち味のひとつ。もっと強くより軽く、しかも環境にやさしい素材を求め、時代のニーズに適合しているプラスチック素材の開発と提供に熱意をもって取り組んでいます。


建築資材メーカーの株式貸家タキロンシーアイは、創業以来の理念を実現するべくプラスチック素材の研究開発販売を主軸に4つの事業領域を展開しているのです。建築資材事業や環境資材事業においては、環境との共生や美しい外観を追い求めつつ快適な住まい作りや街並み作りに役立つ、バラエティ豊富な素材を提供しています。
高機能資材事業にあっては、半導体や液晶事業などの高度な技術を必要とすり産業領域から、カメラやスマホなど日常生活のシーンにおいても活躍するデバイスにいたるまで、株式会社タキロンシーアイの高機能素材は幅広く活躍しているのです。
さらに機能フィルム事業においては、包装することで商品価値を高める製品ラベルから高い保存性を付与するために必須のシール性の包装素材の企画・生産・発売などにも取り組んでみ、広汎な分野で活用されています。


ル・マンションの外壁塗装、住宅の外壁の模様や種類、素材について興味のある方はこちら>>

 

 

外壁のリフォーム時に助成金を得る条件と方法

2019年05月10日

その他

 

住宅の外壁に施されている塗装の塗り直しや張替えなどは10年に1度の頻度で施工しなければならず、塗り直しや張替えをすべき10年という目安を過ぎても外壁リフォームを講じない場合は、見た目が悪くなってしまう事に留まらず外壁が朽ちてしまったり、柱にまでダメージが生じ住宅の寿命を縮めてしまいます。
そのため、10年間を1つの目安として外壁リフォームをしなければならないのですが、10年に1度というそう多くない頻度であっても、金銭的な負担を感じる方は少なくありません。
そこで外壁リフォームを検討している方に対して提供されているのが助成金の制度であり、国もしくは各自治体が金銭的なサポートを行っています。


個人宅であるのに国もしくは各自治体がサポートをするのは、外壁に施工を施すと各地域にて会社を構え外壁塗装工事を行っている業者への受注が増え、結果的に対象地域の経済活動が高まるためです。
しかも、外壁塗装工事を行う際に高反射率塗料という塗料を使用すると、太陽光の反射率を高められるのでヒートアイランド現象を抑止させる事ができ、高反射率塗料を採用する物件が増えるほど地域の平均気温を下げられるようになるので、推進すべく助成金制度が整えられているという理由もあります。
もちろん、得た金銭は返済する必要が無い点も頼もしく感じられるポイントであり、外壁リフォームを施工する際に助成金を得るための条件と方法も複雑ではなく、多くの物件において当てはまる事です。
それは外壁工事を行う物件が対象となる地域内に位置している事をはじめ住民登録も地域内で済ませられている事や住宅を自らが所有している事、これまでに税金を滞納しておらず同じ補助金制度を利用していない事です。
こうした条件なので一戸建て物件にて生活を営んでいる方であれば対象であると考えて良いですし、依頼した際に不足している箇所があると業者側に条件を満たせるようにサポートして頂けます。
そして、助成金を受け取るためには業者が作成した見積書を提出する必要があるので業者から見積書を受け取り、さらに交付申請書やパンフレット、図面や施工を施す前段階の写真も用意しましょう。
必要書類を纏めて提出すると自治体の担当者に速やかに確認と審査が行われ、3週間が経過した段階で助成金の交付が決定し見積書を作成した頂いた業者との間で契約締結を行い、制度を利用した上での外壁リフォームが着工されます。

個人宅であるのに国もしくは各自治体がサポートをするのは、外壁に施工を施すと各地域にて会社を構え外壁塗装工事を行っている業者への受注が増え、結果的に対象地域の経済活動が高まるためです。
しかも、外壁塗装工事を行う際に高反射率塗料という塗料を使用すると、太陽光の反射率を高められるのでヒートアイランド現象を抑止させる事ができ、高反射率塗料を採用する物件が増えるほど地域の平均気温を下げられるようになるので、推進すべく助成金制度が整えられているという理由もあります。
もちろん、得た金銭は返済する必要が無い点も頼もしく感じられるポイントであり、外壁リフォームを施工する際に助成金を得るための条件と方法も複雑ではなく、多くの物件において当てはまる事です。
それは外壁工事を行う物件が対象となる地域内に位置している事をはじめ住民登録も地域内で済ませられている事や住宅を自らが所有している事、これまでに税金を滞納しておらず同じ補助金制度を利用していない事です。
こうした条件なので一戸建て物件にて生活を営んでいる方であれば対象であると考えて良いですし、依頼した際に不足している箇所があると業者側に条件を満たせるようにサポートして頂けます。
そして、助成金を受け取るためには業者が作成した見積書を提出する必要があるので業者から見積書を受け取り、さらに交付申請書やパンフレット、図面や施工を施す前段階の写真も用意しましょう。
必要書類を纏めて提出すると自治体の担当者に速やかに確認と審査が行われ、3週間が経過した段階で助成金の交付が決定し見積書を作成した頂いた業者との間で契約締結を行い、制度を利用した上での外壁リフォームが着工されます。


そのように個人宅であるのに国もしくは各自治体がサポートをするのは、外壁に施工を施すと各地域にて会社を構え外壁塗装工事を行っている業者への受注が増え、結果的に対象地域の経済活動が高まるためです。
しかも、外壁塗装工事を行う際に高反射率塗料という塗料を使用すると、太陽光の反射率を高められるのでヒートアイランド現象を抑止させる事ができ、高反射率塗料を採用する物件が増えるほど地域の平均気温を下げられるようになるので、推進すべく助成金制度が整えられているという理由もあります。
もちろん、得た金銭は返済する必要が無い点も頼もしく感じられるポイントであり、外壁リフォームを施工する際に助成金を得るための条件と方法も複雑ではなく、多くの物件において当てはまる事です。
それは外壁工事を行う物件が対象となる地域内に位置している事をはじめ住民登録も地域内で済ませられている事や住宅を自らが所有している事、これまでに税金を滞納しておらず同じ補助金制度を利用していない事です。
こうした条件なので一戸建て物件にて生活を営んでいる方であれば対象であると考えて良いですし、依頼した際に不足している箇所があると業者側に条件を満たせるようにサポートして頂けます。


そして、助成金を受け取るためには業者が作成した見積書を提出する必要があるので業者から見積書を受け取り、さらに交付申請書やパンフレット、図面や施工を施す前段階の写真も用意しましょう。
必要書類を纏めて提出すると自治体の担当者に速やかに確認と審査が行われ、3週間が経過した段階で助成金の交付が決定し見積書を作成した頂いた業者との間で契約締結を行い、制度を利用した上での外壁リフォームが着工されます。


ビル・マンションの外壁塗装、料金等について興味のある方はこちら>>

 

 次の記事へ「

 

住宅の悩みが解決できる断熱塗料

2019年05月07日

その他

 

四季がはっきりとしている日本は、1年の中で住宅が置かれる環境が大きく異なるため、気温と湿度が高く暑い夏に特化した住宅を設計すると、冬に寒さを感じたり結露が見られるというジレンマが生じます。
そのようなジレンマを塗料で解決させられるのが断熱塗料のガイナであり、季節に関わらず年間を通して快適に過ごせるようになる上に、独自技術により屋外から聞こえてくる音や臭いに至るまで防ぐ事ができます。
ガイナを施す際は室内空間の内壁や天井に対して塗布していくのですが、気温が低い冬は塗布した面の温度が迅速に高まり室内に対し効率的に赤外線が放たれるため、寒冷地のように内壁と外壁の間に厚みがある断熱材を用いなくても室内環境が暖かく保たれます。

赤外線による発熱効果と共に保温効果も得られるので、エアコンの設定温度を低くしたり駆動時間を短くしても問題なく、エネルギー消費が抑えられ環境に良い上に、電気料金を下げられる事にも繋がります。
一方、ガイナは1年の中で最も強く降り注ぐ夏の太陽光を効率的に反射させられる効果も高いため、室内に太陽光によって熱せられた空気が充満せず真夏でも涼しく過ごせます。
また、一戸建て住宅を購入した方に多いのは、購入時には道路が存在しなかったり車通りや人通りが少なく静かな環境であったのにも関わらず、年月の経過と共に環境が変化し道路ができたり、車通りや人通りが多くなってしまったという悩みです。
一戸建て住宅のマイホームであるが故に賃貸物件のように引っ越すという対処ができないですが、そのように屋外から聞こえてくる音に悩まされている方もガイアで解決可能です。
断熱塗料の降り注ぐ太陽光を反射したり、暖かい空気を室内に留めておくという効果は屋外の音もはね返す事ができますし、通過する車両の振動も軽減させられます。

自宅前の道路を車両が通過するたびに住宅が細やかに揺れる様子が気がかりになっている方は、大掛かりな工事をせずとも穏やかに過ごせるようになります。
そして、断熱塗料の中には静電気の発生を抑える働きを有している物質も含有されているので、内壁に塗布すると静電気によって寄せ付けられる臭いの粒子が内壁や天井に付着する事を防げます。
臭いの発生源である粒子が内壁や天井に付着しなくなる事で、居住年数が長くなっても生活による臭いが気にならず、空気清浄機を使用しなくても常に室内の空気は綺麗な状態が維持されます。

ビル・マンションの外壁塗装、塗料について興味のある方はこちら>>

 

 次の記事へ「

 

外壁塗装の足場費用の相場をチェックしよう

2019年04月25日

外壁塗装

 

外壁塗装するという場合には、足場が必要となります。ですが、その足場を作るという場合には費用も掛かる点がネックです。できるだけ安く済ませたいけれど、相場などがわからないという方もいるでしょう。そのため足場費用の相場などもチェックしてみることも大切です。

基本的に、足場費用の相場としては、1㎡でおよそ700円から1000円とみていいでしょう。この点から、この価格よりも安いという場合には、実際お得ではありますがその分工程などが過密である可能性などもあり事故などにつながりやすいケースも考慮する必要性がでてきます。相場というのはあくまで目安とはなりますが、そこを基準として価格的に高いかどうか安いかどうかの判断はできます。ただし、あまりに安さを求めてしまうと、足場などの場合、もし事故につながってしまうと怪我をしてしまう可能性や足場が崩れることによる周囲に対しての被害などいろいろと問題が生じてしまうケースもでてきます。その点などもよく考慮してから価格などを判断してみることが大切です。
外壁塗装をすること自体は、経年劣化などに対する対策としては有効です。外壁の状態が徐々に劣化した状態では見た目的な問題もありますが、それ以外にも建物自体に対するダメージへとつながり建物の寿命を縮めることにもなりかねません。この点からも、ある程度の年数の経った建物の場合には、外壁塗装を行うということは必要といえます。


外壁塗装をする際の足場を組む必要性としては、作業効率を上げる、作業をする方の安全性の確保にあります。工事が終われば撤去されるものではありますが、効率そして安全の確保のためには重要なものであるといえます。安易に費用をあまりかけたくないと安さを求めてしまうと、作業をする方の安全性の確保にもやや不安が残ってしまうため、この点なども考慮するなら足場費用は相場を基準としてそれより安い価格を求めずに相応の費用をかけることが大切です。
外壁塗装をするという場合には、周囲から見たイメージなども考慮するということも重要なポイントです。自分の好みなども大切ですが、やはり周囲から見たイメージ、他の人から見たイメージなども考慮するということが重要なポイントでもあります。周囲から見てもそれなりにいいイメージを持たれるように外壁の色なども周辺の建物などに合わせてみる、周囲の雰囲気に合わせた色にしてみるなどいろいろと考慮してみるといいでしょう。


ビル・マンションの外壁塗装、弊社の無足場工法について興味のある方はこちら>>

 

 次の記事へ「

 

工場の外壁塗装で信用度アップ??

2019年04月17日

ブログ

 

工場では業務に際して使用する機器の動作音や危険性を抑制したり、製品中に不純物が入り込まないように出入り口を締め切って作業に従事する事が稀有ではありません。
また、製造している製品や作業内容によってはエアコンを駆動させる事ができないため、夏は暑く冬は寒いという過酷な環境になりやすいです。
そのような特有の様相は外壁塗装を施す事により解消する事ができ、長い年月が経過し厚みが薄くなっている塗膜を剥がし、新たに元来の厚みの塗膜を施工する事により、空調設備を使用せずとも内部の温度が快適にさせられます。
そして、工場に外壁塗装を施すと近隣住民に向けて良い印象が与えられ、信用度アップに繋げられるようになるという一面もあります。

業務上大きな物を手がけ運搬するため大型トラックや大型トレーラーなどの出入りが激しかったり、大きな作業音が場外や住宅内にまで聞こえてきます。
気をつけていても漏れてしまう音や大型車両の出入りは慣れている近隣住民であっても意識が向いてしまうものですが、外壁塗装がしっかりと行われており細部に至るまで目が行き届いている様子が感じられると許容できるようになりますし、従事している作業に対しても安心感が感じられ信用度アップに繋がります。
そういった信用度アップの恩恵は、近隣住民から始まり広い範囲に拡大していくため結果的には経営の拡大、人材確保といった点に至るまで波及し、安定的な経営に繋げる好循環のきっかけになります。

外壁塗装は、そのように工場で働いてくれる人材の気持ちを高める術にも役立てられ、外壁が美しく彩られていると従事する作業も自然と丁寧になるので、生み出される製品のクォリティが高まりますし、安全性が高い作業が行われます。
製品のクォリティが高まれば納品を希望する業者が増え、取引先の増加に伴いやはり結果的に経営の安定化に繋げられる上、外壁と共に工場の内部も美しく保つべきであるという意識が働くため、整理整頓が行き届いたより良い職場環境になります。

信用度がアップする事に伴い企業が成長していき、従業員が増え手がける製品も増加していくとより一層大きな作業場を求めて移転を検討する場合もありますが、外壁塗装を行っていれば物件としての工場の価値を低下させないため、移転時に大きな金額で売却したりリースする事ができます。
つまり劣化させずに正しいタイミングで塗装を施しておけば、施設を単なる作業場ではなくれっきとした1つの資産として維持し扱えるようになります。

ビル・マンションの外壁塗装、弊社の施工事例について興味のある方はこちら>>

 

 次の記事へ「

 

壁色を変える際の注意点

2019年04月10日

外壁のメンテナンス

 

外壁塗装する場合、今までの色と同じ色にしておけば無難ですが、あえて違うように調整したいと考える人も少なくありません。例えば、新築の段階でホワイトだった外壁は非常に汚れやすく、目立ちますのであえてホワイトを使わず少し濃い目の色を塗る方法もあります。例えばブラウンなどを利用すれば、多少汚れてもあるいは苔がついたとしてもほとんど外から目立つことはありません。間近で見るなら別ですが、わざわざ人の家の外壁を間近で見るような人もいないでしょう。そのように考えれば、目立たない色に塗ることでいつまでも新しい状態を維持することができるといえます。

このように考えれば、今までと違った色にするのも妥当な考え方になります。ただ、新たな色に調整してしまったために、後で後悔するようなことも少なくありません。要するに、間違った色を使ってしまう場合があるわけです。なぜ間違った色を使ってしまうのでしょうか。その原因の一つが、パンフレットで見たときの色と実際に塗装する色では若干色合いが異なるからです。例えば、旅行に行くときに写真などで見て少し暗そうなところだったけども、現地に行ってみると明るいようなことも少なくありません。
これと同じように、パンフレットに載っている写真の色はやや暗く見えるのですが、実際に塗ってみると少し明るいようなことがあります。実際に外壁塗装する場面では、そのようなことがよくあり顧客によってはクレームを入れるような人もいるぐらいです。

外壁塗装のカラーを選ぶときには一つ暗い色を選ぶぐらいがちょうどよいといえます。後は、実際に自分の家にその色が似合うかどうかの問題があるでしょう。例えばブラウンがはやっているからといって、自分の家の形や見た目そして割の景観から総合してブラウンが本当にいい色なのかはまた別の問題です。住宅の場合は特に、周りの景観が大事になりますので一軒だけ目立っていても仕方がありません。例えば、緑が多い地域ならばブラウンでも良いですが人通りが多い場所などはブラウンはあまり似合わないといえいます。
これを防ぐためには、少なくともシミュレーションをしっかりしてくれる業者に依頼する必要があります。業者のセンスと、外壁塗装を頼んだ人のセンスが一致していればよいですが、そうでなければ後で後悔することになりかねません。もし可能ならば、家の写真を撮ってもらいその画像をインターネット上に取り込み色のイメージをしてみる方法もあります。

ビル・マンションの外壁塗装、塗料や工事時期について興味のある方はこちら>>

 

 次の記事へ「

 

外壁塗装のブランディングと効果について

2019年04月03日

その他

 

外壁塗装は、他の建築作業とは違って目に見えて結果が出るものではなく、近年注目されている耐震補強工事などとは違って耐震補強に効果のある外壁塗装は限られています。しかし、顧客からあまり注目されていない外壁塗装であっても、直射日光や雨水などの影響による劣化を低減させることができるものもあります。これらの優秀な塗装剤を適切な市場の方面へブランディングしていくことで、効率的に収益を手に入れることができるでしょう。

例えば、夏が暑く冬が寒い地域があります。このような地域は外壁の塗装を塗り替えることにより、室内の温度を保存して、外に逃さない断熱効果の高いものを利用していくことが良いでしょう。ウレタン素材のものであれば、太陽の熱を遮断する効果が得られるだけでなく、耐久性能も十分あり低価格で利用可能なので一般家庭にブランディングしていけば、高い収益を得られます。台風や降雨、突風などによる被害が多い地域、道路沿いに存在している住宅などには、耐久性能の高いフッ素系の塗装をブランディングしていくと良いでしょう。特に道路沿いの住宅は、気軽に外壁塗装の工事を行うことが難しい環境にあります。耐用年数の長いフッ素系の塗料であれば、一回の塗装料金は高くなってしまいますが、耐久性能は高いので長期間塗装を塗り替える必要はありません。道路沿いの地域にはフッ素系塗料をブランディングして収益を向上させていきましょう。それから外壁塗装のメリットを広告していくことで、ブランディングしていく方法も有効です。一回の工事が高いので、顧客に対して適切な説明が重要になります。例えば、単純に塗装によって外観を良くするだけでなく、住宅の防水性能の向上やカビの発生を防ぐなどの防腐効果、遮熱性能が向上するなどのアピールが重要です。

最近では省エネ志向が高まっているので、塗装を行うことによって、具体的に節約できる光熱費の額を説明していくことが良いでしょう。それらのメリットも踏まえた上で適切にアピールしていくことに寄って収益の向上を行うことができるだけでなく、耐用年数が切れてしまった外壁の再塗装も依頼されることになります。外壁の塗装は10年単位で再塗装することはよくあるので、市場のシェアを奪還することも重要です。数多くの外壁塗装業者が存在する中で、お客様には弊社オフィスチャンプに依頼するメリットを認知していただくことが重要だと考えております。

ビル・マンションの外壁塗装、オフィスチャンプの施工事例はこちら>>

 

 次の記事へ「

 

工場の外壁塗装で耐候性アップと環境改善を図ろう

2019年03月27日

外壁塗装

 

工場にもさまざまな種類がありますが、時間の経過とともに劣化してくることがあります。特に外壁の部分は、一年中雨風にさらされています。もちろん、夏場の暑いときにはしゃく熱の暑さの中で直射日光が降り注ぎますので、どのように考えてもダメージを受けてしまうものです。もちろん、外壁自体は雨風や直射日光などが当たることが前提としてつくられていますので頑丈なことは間違いありません。ですが、実際に10年以上経過するとやはり見た目の劣化は確実に伴って来るでしょう。


例えば、外壁が真っ白い工場で清潔感があるにもかかわらず、10年も経過するころにはいつの間にか色がくすんで見えることも少なくありません。この場合、初期のころの見た目とは異なりとことなく年季が入って見えるものの美しさはなくなってしまいます。それだけならばまだ好いですが、よく見るとひび割れなどが発生している可能性もあるでしょう。


ひび割れが発生するとどのような点において問題があるかといえば、雨水などが入ってしまうことです。そうすると、壁の中にカビが生えてしまいとても清潔とは言えません。特に、食品を扱っているような工場の場合には、何らかのトラブルが発生する可能性も否定できないです。


そこで、ひび割れなどが発生する場合に工場の外壁塗装を行わなければなりません。これにより、色がきれいになるだけでなくクラックをふさぐことができしかも耐候性アップを図ることができます。ちなみにここで言う耐候性とは、冬の寒さや夏の暑さに耐えることができるだけの外壁の性能のことです。耐候性が高ければ、直射日光や雨風を直接的に浴びたとしてもひび割れなどが起こることはありません。そのような意味において、定期的な外壁塗装が必要になるわけです。
もう一つは、環境改善につながるでしょう。見た目が良くなりスタッフのモチベーションが上がるに違いないません。そのためには、単に外壁塗装しただけでなく今までにないような色を使ってみるのもよいでしょう。例えば、今までホワイトだった外壁をブラウンのラインを入れることでおしゃれにすることも可能になります。当然ながら、違う色を入れることでその分お金はかかりますが、見た目がアップすることは否定できないでしょう。


いずれにしても、工場側としては定期的に外壁塗装するためしっかりとした資金をためておく必要があるといえます。

ビル・マンションの外壁塗装、オフィスチャンプの施工事例はこちら>> 

 

 次の記事へ「

 

格安の外壁工事は危険もある

2019年03月20日

その他

 

外壁は劣化するので定期的に塗装を行う必要があります。
塗装には費用がかかるので、できるだけ安く工事をしてくれる会社は人気があります。
格安でもしっかり工事をしてくれれば問題はないのですが、格安工事はトラブルも多いです。
手抜き工事や施工不良も多く、せっかく塗装をしたのに建物の寿命を縮めてしまったケースもあります。
格安工事の危険を事前に知ることで、後のトラブルを防ぐことができます。
外壁塗装は作業内容がわかっていて、それぞれの作業の価格相場も広く知られています。


建物の状態や施工する環境によって工事の価格は変動しますが、あまりにも安い工事料金には注意が必要です。
塗装工事で必要な項目を削っている場合はリスクが大きくなります。
足場を設ける作業を省くと転落事故のリスクが高くなり、工事の品質も下がってしまいます。
塗料にはグレードがあり、高品質の塗料は価格も高くなります。
塗装費用を安くするために塗料のグレードを下げている場合は、保護機能や防水性に影響が出ます。
必要な高圧洗浄や下地の調整で手抜きをすると施工不良を起こす可能性があります。
格安の塗装工事を持ちかけてくる会社は多いですが、契約を取りたいために施工品質を落としている会社もあります。
中には過去に多くのトラブルを抱えている会社もあるので、大切な建物を守るためには塗装会社選びが重要になります。
外壁塗装を依頼する場合は最初に見積もりを出してもらいますが、見積書をよくチェックして怪しい点がないか確かめておくことが大切です。
塗装工事には様々な工程がありますが、必ず行う工程はどの会社でも共通しています。
見積もりに必要な工程が記載されていない場合は、必ず問い合わせて確認をします。


見積もりや対応を見て怪しい部分があれば、きっぱり断ることも大切です。
塗装工事で必要経費を省くと工事の品質が下がります。
外壁塗装で経費を削減する場合は人件費と塗料、足場代が対象になることが多いです。
職人の人件費を下げると職人のやる気に問題が出ます。
正当な報酬をもらえないために手抜きをしたケースもあります。
工事の過程で手抜きがあれば、塗装の品質も下がってしまいます。
塗料には製造メーカーが定めている希釈率がありますが、塗装費用を節約するために塗料を薄めすぎるとメーカーが発表しているレベルが下がってしまいます。
塗料を節約すると品質も下がってしまい、建物の保護にも影響が出るので注意が必要です。
こんなようなことを書きましたが、決して弊社の施工料金を高く設定しているわけではありません。
安心してお問い合わせ、お見積り依頼ください。お待ちしております。


ビル・マンションの外壁塗装、オフィスチャンプのサービスや施工料金についてもっと知りたい方はこちら>>

 

 次の記事へ「

 

オフィスビルによく使われるタイル

2019年03月14日

外壁のタイル工事

 

街中に数多く存在しているオフィスビルは一見すると外観が似ているように見受けられるものの、実際には各々により似て非なるポイントがあり、特にオフィスビルに使われるタイルについては千差万別です。
賃貸という形式でオフィスビルを借りる場合は立地や内部の様相を重視しやすい傾向にありますが、オフィスビルに使われる外壁材の種類によりビル全体のイメージが大きく変化しますし、外観が入居している企業のイメージにも影響をもたらすので入居に際しては、オフィスビルに使われる外壁材についても思慮する事が大切です。


オフィスビルの外壁材として採用されている事例が多いのがタイルですが、一言で言っても磁器質や石器質、陶器質という3つの種類の分類されておりオフィスビルに使われる機会が多いのは磁器質です。
タイルを使用していると高級なイメージが与える事ができる上に耐久性能も高いため、経年劣化が生じにくいという利点もあります。
そのため、比較的築年数が長く経過した物件において外壁塗装を行う機会を減らす事に繋げられるので、外壁塗装に関する出費を抑制させられます。
選ばれる色は白色や黒色、灰色などが多いものの昨今ではレンガをモチーフにしてデザインされたオリジナル性が強いタイプや、青色と小豆色もよく見られるようになっています。
そして、同じタイルという名称が付けられているもののコンクリートに対してモルタルを用いてモルタルの上に貼り付けているタイプの他に、吹き付けて施工を進めていく形式もあります。
吹き付けて施工を進めていく形式では貼り付けたモルタルに対し塗料の吹付けを講じ、凹凸が感じられる様相に仕上げます。
吹付けに際して用いる塗料はウレタンやアクリル、シリコンやフッ素といった種類がありアクリルは価格が安価でフッ素は耐久性能に優れているというように各々で独自の特徴を有しています。
また、現在新たに建築される最新のオフィスビルに使われる外壁材としては建築用の外装パネルが採用される事例も多く、建築用の外装パネルは耐久性能が高いのにも関わらず金属製の外壁材に比較して軽量なので、施工に際する効率に優れています。
光沢感が強く見られるので清潔感と共にスタイリッシュな印象が与えられる上に色が施しやすく色味もはっきりと表しやすいため、従来の形式では表現する事が難しかった銀色やピュアホワイト、濃い黒色も難なく表現する事ができ次世代のタイルとして導入事例が増加傾向です。


そして、同じタイルという名称が付けられているもののコンクリートに対してモルタルを用いてモルタルの上に貼り付けているタイプの他に、吹き付けて施工を進めていく形式もあります。
吹き付けて施工を進めていく形式では貼り付けたモルタルに対し塗料の吹付けを講じ、凹凸が感じられる様相に仕上げます。
吹付けに際して用いる塗料はウレタンやアクリル、シリコンやフッ素といった種類がありアクリルは価格が安価でフッ素は耐久性能に優れているというように各々で独自の特徴を有しています。

現在新たに建築される最新のオフィスビルに使われる外壁材としては建築用の外装パネルが採用される事例も多く、建築用の外装パネルは耐久性能が高いのにも関わらず金属製の外壁材に比較して軽量なので、施工に際する効率に優れています。
光沢感が強く見られるので清潔感と共にスタイリッシュな印象が与えられる上に色が施しやすく色味もはっきりと表しやすいため、従来の形式では表現する事が難しかった銀色やピュアホワイト、濃い黒色も難なく表現する事ができ次世代のタイルとして導入事例が増加傾向です。

ビル・マンションの外壁塗装、タイル施工についてもっと知りたい方はこちら>>

 

 次の記事へ「

 

< 古い記事

<<topへ戻る

 

 

 

 

 

オフィスチャンプでは、全国でビル・マンションの外壁塗装・外壁工事をしております。ぜひご相談くださいませ。

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

【東京都の外壁補修・外壁塗装の地域について】

練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・町田市 ・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市など東京都の全域でビルやマンションの外壁塗装、外壁工事の実績がございます。

 

 

Copyright (C) 2016 office champ Inc, All Rights Reserved