シーリングの劣化は「雨漏り」「ひび割れ」の原因になります

雨漏れ、ひび割れの原因。もしかすると、シーリングが劣化しているからかもしれません。

窓のまわりのシーリングは一般的に外壁塗装の寿命より短く、寿命は5~10年と言われています

窓のシーリング工事

シーリングがダメになると、雨漏れ、すきま風の原因となります。

窓のシーリングなどは、普段あまりチェックしないので、劣化していることに気が付かない・・・

ということが多くあります。

シーリングは外壁防水のかなめです。シーリングは仕上げ材や建物を保護してくれます。古いシーリング・切れているもの・劣化した物は新しいシーリングに交換しなければなりません。

オフィスチャンプでは、全体的なシーリング工事だけでなく部分的な補修にも対応させていただきます。

足場を使った工法と比べて圧倒的に安く、シーリング工事を行うことができます。

シーリング工事とは

雨漏れを防ぐ大事なシーリング

防水工事で大切なのがシーリング工事です。シーリング工事とは、外壁同士のすきま、窓ガラスのすきまを埋める工事のことです。

image

タイルには目地があります。タイルの目地はタイル同士がぶつかり合うのを防いでくれます

image

素材にもよりますが、コンクリートやタイルなどは、気温や湿度によって膨張、縮小します。

部材のあだいに隙間がないと、膨張した部材どおしがぶつかり合い、ひび割れなどがおこってしまいます・・・

このひび割れなどを防ぐために、目地が活躍してくれます。目地は、いわば「ゆとり」です。目地としての役割を保ったまま、水密性・気密性を確保する工事がシーリング工事です。

シーリング材は、大きく分けて2種類あります

一般的にシーリング材とは、「ペースト状の不定形シーリング材」の事を指します。

【定型シーリング】

1つ目は、窓ガラスのすきまに使う「定形シーリング材」です。

あらかじめ埋める形状が定まっており、それに適合するようにつくられた定形シーリング材(ガスケットともいう)です。主にサッシと窓ガラスの隙間など、大量生産が行われている工業製品に使用されています。 

【非定形シーリング材】

2つ目は埋める形状が定まっていない場所に使用するもので、使用前は歯磨剤のようなペースト状をしていますが、隙間に充填し終えるとゴムのような硬さに変化するもので、これは非定形シーリング材と呼ばれています。

シーリング工事の流れ

塗装工事や防水においては、塗る技術や経験も重要ですが、それよりも丁寧な下地処理が大変重要となります

1. シーリングの撤去・養生
まず既存の劣化してしまったシーリングを除去していきます。

シーリング工事足場なし

壁面のシーリングは経年劣化により硬化・粉化・象皮状になったり切れたりします。

まずはそのような既存のシーリングを撤去します。

次に、再び新規シーリングを打ち込むために、シーリングする場所以外を汚さないよう、専用のテープで養生します。シーリングは基本的に直線的に打ち込まれますが、縦目地と横目地で交差したり直角・鋭角・鈍角に分岐したりしていますので シーリング打ち込み用の溝に合わせて素早く養生するにはコツが必要になります。

2. プライマー塗布

シーリングを打ち込む前に専用プライマーを塗らなければいけません。

「プライマー」とは施工面にコーキング(シーリング)材を密着させるための接着剤の役割を果たす材料です。

シーリング工事足場なし

これを塗らないと施工面との密着が悪くなり、耐用年数を待たずして切れてしまうケースが多々見られます。シーリング材を施工対象面によって数種類から選択するように、プライマーもまた使用材料によって使い分けます。

3. シーリング施工(「打つ」~「均す」)

シーリングガンという道具を使用してシーリングを施工することを「打つ(うつ)」といいます。
みぞにそって材料を打ち込んできます。

ビルのシーリング工事

溝の大きさにあった適切な量を打ち込んでいかないと、後の工程で材料がはみ出てしまったりします。

美しい仕上がりにするには、適切な量を打ち込み続けていく必要があります。

シーリング工事の実績

東京都大田区鎌田 Eビル タイル・シーリング補修工事

image

シーリング工事

タイルの浮きを補修し、シーリングをやり直しています。シーリングは外壁防水のかなめです。

古いシーリング・切れているもの・劣化した物は新しいシーリングに交換しています。

工事 タイル、シーリング工事 場所 東京都 大田区鎌田
階数 12階 工期 1ヵ月

鎌田のマンションを補修工事させていただきました。
タイルの割れや浮きが多く、コンクリートの爆裂も多かったのが特徴です。
ご利用ありがとうございました。

神奈川県川崎市麻生区 メリコート若葉台 大規模修繕工事

この事例の詳細

神奈川県の川崎市にて、タイル、塗装、シーリング、防水工事とすべての工事をさせていただきました。

メリコート若葉台大規模修繕工事

工事 大規模修繕工事 場所 神奈川県川崎市
階数 RC 5階 施工時期 1997年 9月
工期 4ヶ月

オフィスチャンプをご利用いただき、ありがとうございました。
大規模修繕工事をさせていただきました。大通りに面しているので、外壁などの汚れがかなりあり、タイルの浮きなども多く発生していました。

オフィスチャンプが選ばれる理由

ビル・マンションの外壁塗装、外壁のシーリング工事でお困りなら、足場無し工法のオフィスチャンプにお任せくださいませ。お見積りや相談は無料です。

工事の流れについて

外壁工事・塗装、防水工事、外壁のシーリング工事、外壁清掃をお考えなら、まずはお電話、メールにて、専任スタッフまでご相談くださいませ。
お客様の予算や納期に合わせて、提案をさせていただきます。

施工の流れ図

ビル・マンションの外壁工事の施工の流れ

「自社の建物はどのくらいかかる?」「今年はタイル洗浄のみを。塗装は来年でいい?」など、お気軽にご要望をお聞かせください。
お見積り&現場下見無料ですお気軽にご相談くださいませ。

お見積りは無料・お気軽にご相談くださいませ0120-85-3388受付時間 10:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ

「サービスの一覧」に戻る