外壁塗装業者の正しい業者の選び方とは

 

建物の外壁工事には、どんな業者がいるのか?

外壁塗装を行う業者としては、多いのが戸建ての業者です。まずは戸建て専門か?ビルやマンションの専門なのか?によって大きく変わってきます。

業者としては、塗装専門、リフォーム業者、工務店など選択肢はたくさんあり、どこを選んでいいのか?

わからない方も多いと思います。戸建てでは、訪問販売で被害にあっている・・・という声も数多く聞きます。

 

 

では、なぜこのような事が起こるのでしょうか?

外壁塗装の世界では手抜き工事がおおく、多くの現場でトラブルになっています。

それは、外壁塗装の業界特有の問題点があるからです。

 

 業者が手抜きをしていても、素人にはチェックできない

  普通の人は、工法や塗料について知らない

  工事や塗料に定価がない

  相見積りしても、共通の項目が少ないので比較できない

 

という現状があり、どこの業者を選んでいいのか?が分からなくなっているのが現状です・・・

 

なぜ手抜きが発生してしまうのか?

 

なぜ手抜きが発生してしまうのか?

リフォーム業者、営業会社、工務店は下請けを使って仕事をしています。

つまり、職人を自社でもっていません。

リフォーム業者や営業会社は下請けを使って仕事をしているのが現状です。下請けに流れる金額は、契約金額の1/3程度になっているの事が多いです。

 

手抜き工事

 

ここで問題になるのが、下請け業者です。下請け業者は安い金額で仕事を受けざるをえません・・・

するとどうなるでしょうか?

本来もらえる金額よりも、安い金額で仕事をしなければいけません・・・

 

つまり、手抜きが発生しやすくなります・・・

 

職人は営業をするのが苦手な人が多く、仕事を取ってくることができません・・・すると、営業が得意な会社の下請けをやらないと、食べていけなくなります・・・

もちろんですが、仕事が取ってこれないので、安い金額でも仕事を受けるしかありません。

さらに、営業会社からはムリな納期などを言われたりします。

 

すると、本来3回塗らないといけない外壁を2回に減らしたり、下塗り作業で手を抜いたりします。

すると、本来10年もつ耐久性が5年になってしまったり、ひび割れがすぐに発生してしまったり・・・

と不具合が増えてしまいます。

 

   
 

手抜きが発生しないためには、自社で職人を持っている会社に頼むのが

一番なのです。

オフィスチャンプは社長が職人であり、自社で職人を育成しています。

 

 

塗装は職人技

 

外壁塗装は、全てカスタマイズサービス

現場で職人、ひとりひとりが手作業により、作り上げていくものです。建物の大きさや、場所、築年数、メンテナンスの状態、下地の状態などでどの塗料を塗ったらいいのか?選び提案するのも、本来職人の腕の見せ所です。

 

外壁塗装は人間が手作業で行っているため、最終的には、職人の技術によって出来が大きく変わってきます。

 

 

外壁塗装は、このようにローラーを使い、手作業で行われます。

そのため、経験が必要になってくる業界なのです。

 

 

見積りをとればわかりますが、会社によって全く項目が違います。

どの手順で,どんな塗料を,何回塗るのか?場所はどこにあるのか?建物は大きいのか?

隣接する建物が近いか?条件によって見積もりは変わります。

はっきり言えば、どの業者がよい!!と見分けるのは、非常に難しい事です・・・

だからこそ、業者を選ぶ一番のポイントは、施主様自身が、外壁工事、補修工事について知識をもち

業者が言っている事を、きちんと判断することだと思います。

 

 

正しい塗装の方法

 

下地処理と3度塗りが大切

塗装で一番大切なのは、下地処理です。きちんと洗浄をする。現在塗ってある塗料を確認する。などをきちんと行ったあと、やっと塗装に入ります。

 

 

外壁塗装の場合、3度塗るのが基本となります。

悪い業者になると、2回しか塗らない・・・ということがありますので注意してください。

オフィスチャンプでは、3回塗りをいたします。

外壁塗装 3度塗り

 

まず、シーラーと呼ばれる塗料を下塗りします。

シーラーとは、上に塗る塗料をしっかりと塗るためのものです。

シーラーを塗ることで、塗料の吸い込みが均一になります。ムラを防止するのに役立ちます。

さらに、2度塗り、3度塗りするときの接着剤のような役割をはたしてくれます。

 

見積もりを確認する場合「3度塗り」が明記してあるか確認してください。中塗りや上塗りとかかれているのが2度目および3度目の塗装となります。

内訳の見方がわからなければ、どれが下塗りで、どれが2度目および3度目の塗装分なのか聞いてみましょう。

キチンとしている業者ならば、答えてくれます。

業者によっては、塗る回数ごとの単価を出さない・・・とうこともあります。

 

業者と交渉する場合、「塗装は何回塗ってくれますか?」と聞いてみましょう。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?なぜ外壁工事で手抜きが発生してしまうのか?についてわかっていただけたでしょうか?

手抜き工事にならないために、何度塗るのか?何色を塗るのか?についてはぜひ業者に確認しておきましょう。

手抜き工事を疑う必要はありませんが、あなたが塗装をよく理解していることを知り「ごまかしたらやばいな・・・」と思うはずです。

誠実な施工をする業者ならば、きちんと説明をしてくれます。

外壁塗装や大規模修繕工事は大きな金額がかかります。きちんと情報を集めて、正しい業者に発注をするようにしてください。

<< ガイド一覧に戻る

 

 

工事の基本

ビル・マンションの外壁補修

タイル工事について

改修工事について知ろう

外壁の種類について

外壁の模様とは

足場は必要なのか?

塗装に向いている時期とは

いつ工事をしたらいいのか?

正しい業者の選び方とは

外壁塗料の正しい塗り方とは

タイミングを見極めよう

劣化のチェック方法とは

見積りの出し方とは

タイルの浮きやすい場所

ビルの外壁の種類

コンクリートとモルタルとは

外壁塗料の種類について

正しい塗り方とは

どの業者を選んだらいいのか?

保証内容はここをチェック

空き巣の対策方法

サイディングボードとは

外壁工事に適した季節とは

U字カット工法とは

ウールローラー工法とは

ビルの無足場工法とは

タイルの補修工事とは

タイルの浮きやすい場所とは

タイルがはがれる原因とは

下地に注意しよう

外壁の落下とalc板の関係

タイルの色が違う?

タイルが落下する原因とは

 

 

よくあるトラブル

マンショントラブル

ビルのトラブル

隙間が狭いビルの外壁工事

RC構造の外壁補修工事方法

高圧洗浄をしない

音やにおいが気になる

塗りの回数が少ない

隣人からのクレームがある

足場を組ませてくれない

工事の音がうるさい

工事中の臭いが気になる・・・

空き巣に入られた

マンションのひび割れについて

タイルがはがれて通行人に当たった

だんだんヒビが大きくなっている

ビルのひび割れ補修について

屋上の防水はどうしたらいい?

足場を組ませてくれない

ビルのタイルがなぜ落下してしまうのかその原因と対処方法とは

 

 

 

オフィスチャンプでは、全国でビル・マンションの外壁塗装をしております。ぜひご相談くださいませ。

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

【東京都の外壁補修・外壁塗装の地域について】

練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・町田市 ・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市など東京都の全域でビルやマンションの外壁塗装、外壁工事の実績がございます。

 

 

Copyright (C) 2016 office champ Inc, All Rights Reserved