ビル・テナントビルの防水

 

ビル・テナントビルの防水工事とは

建物は時間がたつといろいろな部分が壊れてきます。ビルオーナー様、ぜひ屋上を見に行ってください。

コケやひび割れ、さびなど、いろいろな部分が汚れて、壊れかけていませんか?

ビル・テナントビルも、定期的に防水工事が必要になります。

 

 

管理会社に任せっきりにしているビルオーナーさんも多いかと思います。

しかし、管理会社に任せているだけでは、危険です。管理している会社によっては、ビル全体のメンテナンスをする知識を持っていなかったりします。

ひどいところになると、清掃をおこたっていたりします・・・大事なビルの資産価値を守るためにも、防水の知識について知っておきましょう。

 

防水工事は先延ばしされやすい・・・

 

お金がかかりすぎる

屋上防水工事を含む「ビルの大規模修繕工事」は高いお金がかかります。

足場を組んだりしなければいけない場合、一気にやってしまわないといけないので、余計に費用がアップしてしまいます。
ビルは長期のメンテナンス計画によって、補修をすすめるのが一般的です。

予算を考えると、屋上の防水は先延ばしにする・・・

ということが、しばしば起きてしまいます。

 

 

足場を組む、外壁工事、タイル補修工事などが先。と考えている方も多いかと思います。

しかし、防水工事を後回しにすると、雨漏りをして、結果的に大きな朱然費用がかかる・・・

という事が起こります。防水工事は、なるべく早く手をつけるようにしてください。

 

 

屋上防水のお手入れ方法とは?

 

屋上のお手入れ方法はカンタン

屋上のお手入れ方法は実は簡単です。こまめに掃除、清掃をするだけです。

高層のビルの場合は大丈夫ですが、低層のビルの場合注意する点があります。

 

ルーフドレイン

 

それは「つちぼこり」です。

低層階のビルやマンションは屋上に土がたまります。3階~6階程度の建物だと、地上の土埃(つちやほこり)が屋上にまで到達します。

さらに土埃(つちぼこり)は雨で流されて屋上の低い部分にたまります。

ドレンという部分に土がたまると、水の流れが悪くなります。

水が溜まってしまうと、その部分のコンクリートが弱くなります・・・

ルーフドレインを清掃する場合、カバーをはずして清掃するようにしましょう。

 

 

管理人に任せないほうがいい理由とは?

 

中間マージンが発生してしまいます・・・

管理会社にそのまま頼むと、損をすることをご存じですか?

大規模修繕工事は、オーナーさん自らが業者を選ぶべきです!!

防水工事を含む大規模改修リフォームは とても大きな工事金額になります。外壁補修、防水工事、タイル工事・・・

建物の大きさにもよりますが、数100万単位で金額が変わります。

 

管理会社は、工事会社から中間マージンを取っています。

管理会社の中間マージンが10%だった場合、800万の工事の場合、80万も上乗せされてしまいます・・・

さらに、高い見積もりを平気で出してくる可能性があります・・・

大規模修繕工事や、屋上の防水工事をする場合ビルオーナーさんが自分で業者を選ぶようにしましょう。

 

 

防水工事の工法とは

 

ウレタン防水工法

屋上の防水工事でよくおこなわれるのが、ウレタン防水工法です。

耐久年数は12年前後あります。屋上やベランダなど施工場所を限定しないところも、人気のひとつです。

工事は簡単で、下地の上に防水素材を塗っていきます。

 

ビルの防水工事

 

工事の費用も安く、効果が長いのでおススメです。

短所は、人の手で塗るため、職人の腕がわるいと、ムラができてしまうことです。

経年による劣化と、亀裂に弱いので、10年前後たったら塗り重ねが必要になります。

 

 

防水工事の値段とは

 

材料と人件費がかかります

ビルの防水工事は、下地の処理、防水の工法、材料費、工事の準備費でできています。

雨漏れをしている場合、ウレタン防水が一番です。

 

ビルの防水工事

 

ウレタン防水の場合、1㎡あたり4500円~6500円前後です。

防水工事は屋上の広さによって値段が変わってきます。屋上の大きさを正確に測っておくと

おおよその金額が分かります。

 

 

防水工事のチェック方法

 

屋上の防水が大丈夫か?オーナーさんは心配かと思います。

どのようにチェックしたらいいのでしょうか?

実はかんたんです、目で見て確認をするのが一番です。泥や水が溜まっていないか?特に屋上で菜園をしていたりすると、泥や土がたまりやすくなっているので注意が必要です。

 

   
 

ビルの防水工事は早めの対応が必要です。

日ごろから、屋上をきれいに清掃するようにしましょう。泥やコケなどがある場合

早めに取り除き、きれいにしておくことが大切です。

 

<< 一覧に戻る

 

工事の基本

外壁補修

タイル工事について

改修工事について知ろう

外壁の種類について

外壁の模様とは

足場は必要なのか?

塗装に向いている時期とは

いつ工事をしたらいいのか?

正しい業者の選び方とは

外壁塗料の正しい塗り方とは

タイミングを見極めよう

劣化のチェック方法とは

見積りの出し方とは

タイルの浮きやすい場所

ビルの外壁の種類

コンクリートとモルタルとは

外壁塗料の種類について

正しい塗り方とは

どの業者を選んだらいいのか?

保証内容はここをチェック

空き巣の対策方法

サイディングボードとは

外壁工事に適した季節とは

U字カット工法とは

ウールローラー工法とは

ビルの無足場工法とは

タイルの補修工事とは

タイルの浮きやすい場所とは

タイルがはがれる原因とは

下地に注意しよう

外壁の落下とalc板の関係

タイルの色が違う?

タイルが落下する原因とは

 

 

よくあるトラブル

マンショントラブル

ビルのトラブル

隙間が狭いビルの外壁工事

RC構造の外壁補修工事方法

高圧洗浄をしない

音やにおいが気になる

塗りの回数が少ない

隣人からのクレームがある

足場を組ませてくれない

工事の音がうるさい

工事中の臭いが気になる・・・

空き巣に入られた

マンションのひび割れについて

タイルがはがれて通行人に当たった

だんだんヒビが大きくなっている

ビルのひび割れ補修について

屋上の防水はどうしたらいい?

足場を組ませてくれない

ビルのタイルがなぜ落下してしまうのかその原因と対処方法とは

 

外壁工事のサービスをしております

 

オフィスチャンプでは、ビルやマンションの改修工事をしております。

 

ビルマンションの外壁塗装

足場を使わない外壁塗装工事をいたします。

 

タイル工事

浮いたタイルを補修する工事をいたします。

 

ビルマンションの外壁下地補修

雨漏りしたら考える時期かもしれません。

 

ビルマンションの清掃作業

高所の窓や壁をきれいに掃除いたします。

 

ビルマンションのシーリング工事

シーリング工事をいたします。

 

ビルマンションの防水工事

ビル・マンションの防水工事で雨漏れを防ぎます

 

 

 

オフィスチャンプでは、全国でビル・ビル・テナントビルの外壁塗装をしております。ぜひご相談くださいませ。

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

【東京都の外壁補修・外壁塗装の地域について】

練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・町田市 ・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市など東京都の全域でビル・テナントビルの外壁塗装、外壁工事の実績がございます。

 

 

Copyright (C) 2016 office champ Inc, All Rights Reserved