ビルの外壁工事とは

 

 

ビルの外壁補修工事とはいつ何をしたらいいのか

ビルはある程度時間がたつと、いろいろな場所が壊れてきます。これは、自然の現象なので仕方がありません。

ビルも定期的なメンテナンスが必要なのおご存じでしょうか?

 

コンクリートに亀裂が入る・・・穴があく・・・

 

 

外壁のタイルがはがれてしまう・・・

タイルが割れてしまった・・・浮いている・・・などいろいろな場所が壊れてきます。

 

 

そのまま放置おいても大丈夫な場合と、放置すると危険な場合があります。

では、どのように見極めていったらいいのでしょうか?

 

ビルの補修工事のタイミングとは

 

 

ビルを補修するタイミングとは

建物は10年を迎えるころから補修が必要になります。そろそろ築10年の建物なら、雨漏りする前にご相談ください。

 

 

 

ビルの防水工事の場合、10~15年前後でやるのが正解です。

 

 

足場を組む、外壁工事、タイル補修工事などが先。と考えている方も多いかと思います。

しかし、防水工事を後回しにすると、雨漏りをして、結果的に大きな朱然費用がかかる・・・

という事が起こります。防水工事は、なるべく早く手をつけるようにしてください

 

 

外壁のタイル工事も10~15年前後がよいとされています。

 

 

特殊な棒を使って、タイルの浮きや亀裂などを調べていきます。

最近ではalc構造で出来ているビルやマンションが多いので、つなぎ目の部分などを入念にチェックします。

 

外壁塗装も10~15年前後です。

 

 

都市部などは、ビルとビルの隙間が狭かったりします。そんな場合は無足場工法で外壁を塗ると

工事コストをおさえて、工事することができます。

 

 

正しい業者の選び方とは

 

無料と保証という言葉に注意!!

外壁塗装を行う業者としては、多いのが戸建ての業者です。まずは戸建て専門か?ビルやマンションの専門なのか?によって大きく変わってきます。

業者としては、塗装専門、リフォーム業者、工務店など選択肢はたくさんあり、どこを選んでいいのか?

わからない方も多いと思います。戸建てでは、訪問販売で被害にあっている・・・という声も数多く聞きます。

 

ビルの修繕業者

 

では、なぜこのような事が起こるのでしょうか?それは、業界特有の問題点があるからです。

 

 業者が手抜きをしていても、素人にはチェックできない

  普通の人は、工法や塗料について知らない

  工事や塗料に定価がない

  相見積もりしても、共通の項目がすくないので比較しようがない

 

という現状があり、どこの業者を選んでいいのか?が分からなくなっているのが現状です・・・

はっきり言えば、素人では外壁塗装のできを判断できません。

 

だからこそ、「20年保証」「調査無料」などの言葉に引っかかってしまいます・・・しかし、先ほど説明したように、建物は10年前後で壊れてきます。10年以上の保証は必要がありません。

さらに、保証対象外と言われてしまったら、どうしようもありません。地震が起こった場合、業者は原因を追及してくれません・・・「自然現象ですから」と言って逃げられてしまいます・・・

そんなことをしっかりと知っておいて、工事を頼むようにしてください。

 

詳細はこちら

 

 

ビルの外壁補修の種類

 

ビルの外壁補修には種類があります。

 

ビルマンションの外壁塗装

足場を使わない外壁塗装工事をいたします。

 

タイル工事

浮いたタイルを補修する工事をいたします。

 

ビルマンションの外壁下地補修

雨漏りしたら考える時期かもしれません。

 

ビルマンションの清掃作業

高所の窓や壁をきれいに掃除いたします。

 

ビルマンションのシーリング工事

シーリング工事をいたします。

 

ビルマンションの防水工事

ビル・マンションの防水工事で雨漏れを防ぎます

 

 

忙しい時期はいつか?

 

 

なんとも言えませんが、夏場が少なることが多い

夏場は一般的に職人が少なくなります。公共事業でも、夏場は職人が足りなくなる事があります。

 

マンション外壁塗装工事

 

職人が足りなくなると、他社から職人を借りる。ということをしなければいけません。

もちろん、会社同士の付き合いがあってこそ、できることです。しかし、職人を自社が借りた場合、こちらも貸さななければいけなくなります。

忙しい時期が同じだったりすると、職人がいなくなる・・・ということもあります。

 

外壁塗装 職人

 

外壁塗装は職人技です。ローラーと人間の手が必要です。

職人を大事にしない会社は、結果見積もりがたかくなったり、手抜き工事が行われたりします。

業者の選ぶ場合も、きちんと自社で職人を抱えている会社に頼みましょう。

とくに、職人を大事にしている会社がベストです。

<<一覧に戻る

 

工事の基本

外壁補修

タイル工事について

改修工事について知ろう

外壁の種類について

外壁の模様とは

足場は必要なのか?

塗装に向いている時期とは

いつ工事をしたらいいのか?

正しい業者の選び方とは

外壁塗料の正しい塗り方とは

タイミングを見極めよう

劣化のチェック方法とは

見積りの出し方とは

タイルの浮きやすい場所

ビルの外壁の種類

外壁塗料の種類について

正しい塗り方とは

どの業者を選んだらいいのか?

保証内容はここをチェック

空き巣の対策方法

サイディングボードとは

外壁工事に適した季節とは

U字カット工法とは

ウールローラー工法とは

ビルの無足場工法とは

タイルの補修工事とは

タイルの浮きやすい場所とは

タイルがはがれる原因とは

下地に注意しよう

外壁の落下とalc板の関係

タイルの色が違う?

タイルが落下してきた

 

 

 

オフィスチャンプでは、全国でビル・マンションの外壁塗装をしております。ぜひご相談くださいませ。

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

【東京都の外壁補修・外壁塗装の地域について】

練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・町田市 ・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市など東京都の全域でビルやマンションの外壁塗装、外壁工事の実績がございます。

 

 

Copyright (C) 2016 office champ Inc, All Rights Reserved