ビルの外壁タイル工事とは

 

ALC構造 ビルの外壁にはタイルがよく使われています

ALCパネルは汚れがつきづらく、耐久性があるのでビルやマンションを作るときに多く使われています。

 

ALC構造ビル

 

さらに外壁に使われるタイルには薄くて軽い、さらに耐久性、防水性があるという特徴があります。

しかし、長い時間がたつと、タイルの落下やヒビ割れが目立ってきます。

タイル貼りの外壁は外壁塗装に比べると デザイン性が良く見栄えがとてもよいので人気ですが

建物の構造によっては「割れ」や「揺れ」が発生しやすいという特徴があります・・・

タイルの浮きや、タイルの剥離、タイルの落下などの注意が必要になります。

 

 

ビル・マンション 外壁タイルの落下

 

タイルが落下してくる恐ろしさ

ビルやマンションが劣化してくると、タイルがはがれた、タイルが外壁から落ちてきた・・・

という事故が多くなります。

1枚ならいいのですが、劣化している場所のタイルは、ほかのタイルも一緒にはがれやすい・・・

という危険性があります。大きなビルやマンションでは、高さがあるので、タイルが落下して人に当たると大きな事故になります。

 

 

タイルの落下は、タイルとタイルの隙間にある接着剤が弱まっているのが原因です。さらに、下地が弱まってしまい接着力落ちた・・・という場合もあります。

接着剤がひび割れてしまい、接着能力が弱くなると、タイルの落下につながりやすくなります。

タイルの落下は、ALC構造のビルやマンションでよく起こる現象でもあります。

それは、ALC構造の特徴が関係しています。

 

alcの外壁タイルとは

 

最近のビルやマンションでは、ALC構造で建物が作られている場合が多くみられます

alcは昭和50年代頃から、鉄骨造建物の外側の建材として使われるようになりました。

 

ALC構造ビル

 

ALCとは、Autoclaved  Lightweight aerated Concreteの略で

「高圧(10気圧) 高温(180℃)装置を使って、約10時間 養生し合成した空気が混合された軽量コンクリート」

のことです。

原料は、セメント、珪石(SiO2)、生石灰(CaO)、アルミニウム粉末(高圧高温水蒸気と反応して発泡)です。

 

 

ALCは内部には小さな気泡があり、水にも浮くという性質があります。

 

ALC壁というとあまりピンと来ないかも知れませんが、「ヘーベルハウス」という言葉をご存じでしょうか?

 

ヘーベル alc

 

「ヘーベル」は旭化成建材が販売しているALCの商品名のことです。ヘーベルハウス=ALCを用いた一戸建てということにななります。ビルと住宅に使われるALCの厚みは違いますが、ビルやマンションの外壁に用いるALCは、厚み50mmのALC板が一般的には使われています。

 

現状では、ビルやマンションを作るときにALCパネルの表面にタイルを貼るという工事が普通のように行われています。しかし、これはやっていけない工事なのです。

ALCパネルの表面にタイルを貼ることは、ALCパネルが呼吸ができなくなり、劣化や風化の原因になります。

 

 

ALCの特徴とは

 

alcは安くて軽いが、耐久性がない

ALCの特徴は、「気泡含有コンクリート」なので耐熱性があります。さらに湿度を調節する機能があります。

ほかにも

 

 とにかく重さが軽い(比重0.6)

 工場で作っているので製品が安定している

 気泡があり、加工がカンタン

 湿度を調節しやすい

 廃番がなく20年たっても交換できる。

 薬剤注入により強度が回復できる

 

などのメリットがあります。

ALC壁には耐火性能もあるので、防火区画壁として使われることも多くあります。エレベータの周囲などでも、ALC壁で作る場合がおおくあります。

 

もちろんですが、ALCにも欠点があります。

 

 衝撃には弱い

 鉄筋コンクリートより密度が少ない

 コーナー部分などは、すぐに欠けてしまう

 風化しやすい

 

などです。つまり、安くて、加工しやすいのですが、耐久性には疑問が残るわけです・・・

 

 

ALC内部に水が溜まるとどうなるのか?

 

ALC内部に水が溜まるとは

 

ALCは湿度を調節する機能があります。気泡が多いのでパネルが自ら呼吸をしているわけです。そのため、パネルの裏面は、塗装をしてはいけない!!というルールがあります。

本来ならば、表面の塗装も、調湿性のある塗料を使うべきです。

しかし、雨水を内部に入れないようにと、「防水性の高い塗料」で塗装しているのが現状です・・・

これが問題を引き起こしています・・・

この防水性の高い塗料を室内側にまでしてしまうと、コンクリートが呼吸できなくなります。

裏面は塗装しないので、普通は呼吸ができるのですが、防水塗装をしてしまうと呼吸ができなくなります。

この場合、防水塗膜をこまめにメンテナンスして常に完全な防水状態を保つことができるならば

ALC板も長持ちしますが、ほとんどの場合、放置されています。塗膜が膨らんだり、剥離したりするのは、これが原因です。

建物を作る業者は、いかに安く作るか?と考えてしまい、メンテナンスのことを考えていない場合が多くあります。

 

外部から侵入した雨水が塗膜により逃げ場を失うと、内部に水が溜まります。

水にひたったALC板は内部から劣化が進みます。そして、最後には手で触るだけでボロッと砕け落ちるほど、建物が劣化します。すると、タイルのひび割れ、タイルの落下につながるわけです。

 

 

ALCに塗装やタイルを張る場合は、ALC板の特徴をよく理解しておく必要があります。

さもないと、ALC板が劣化し、タイルのはがれ、塗料のはがれをまねていてしまいます・・・

 

 

ALCのつなぎ目にも注意

 

つなぎ目のタイルが落ちやすい

ALC板にはつなぎ目があります。ここのタイルも劣化しやすい特徴があります。

ALCはパネルですので複数枚のパネルをつないで壁面が成立しています。

そのパネルとパネルの間はシーリング材が充填されています。シーリングの部分が雨養生の役割も担っているわけです。

タイルを剥がしたときに、下地にシーリング材があれば一緒に撤去します。

その部分のシーリングを再充填する必要があります。

 

 

ビルやマンションの補修工事をする場合も、建物がALC構造の場合、切込みなどを最小限にする必要があります。

ALCはもろいために、慎重に工事が必要なわけです。

 

   
 

タイルの補修工事では、ビルの下地がどうなっているのか?

RC構造なのか、ALCなのか?によっても慎重さが変わってきます。

工事は、職人の現場の調査力と、施工技術の両方が必要になります。

 

一覧に戻る

 

【その他の記事】

 

工事の基本

ビル・マンションの外壁補修

タイル工事について

改修工事について知ろう

外壁の種類について

外壁の模様とは

足場は必要なのか?

塗装に向いている時期とは

いつ工事をしたらいいのか?

正しい業者の選び方とは

外壁塗料の正しい塗り方とは

タイミングを見極めよう

劣化のチェック方法とは

見積りの出し方とは

タイルの浮きやすい場所

ビルの外壁の種類

コンクリートとモルタルとは

外壁塗料の種類について

正しい塗り方とは

どの業者を選んだらいいのか?

保証内容はここをチェック

空き巣の対策方法

サイディングボードとは

外壁工事に適した季節とは

U字カット工法とは

ウールローラー工法とは

ビルの無足場工法とは

タイルの補修工事とは

タイルの浮きやすい場所とは

タイルがはがれる原因とは

下地に注意しよう

外壁の落下とalc板の関係

タイルの色が違う?

タイルが落下する原因とは

 

 

 

よくあるトラブル

マンショントラブル

ビルのトラブル

隙間が狭いビルの外壁工事

RC構造の外壁補修工事方法

高圧洗浄をしない

音やにおいが気になる

塗りの回数が少ない

隣人からのクレームがある

足場を組ませてくれない

工事の音がうるさい

工事中の臭いが気になる・・・

空き巣に入られた

マンションのひび割れについて

タイルがはがれて通行人に当たった

だんだんヒビが大きくなっている

ビルのひび割れ補修について

屋上の防水はどうしたらいい?

足場を組ませてくれない

ビルのタイルがなぜ落下してしまうのかその原因と対処方法とは

 

 

 

オフィスチャンプでは、全国でビル・マンションの外壁塗装をしております。ぜひご相談くださいませ。

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

【東京都の外壁補修・外壁塗装の地域について】

練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・町田市 ・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市など東京都の全域でビルやマンションの外壁塗装、外壁工事の実績がございます。

 

 

Copyright (C) 2016 office champ Inc, All Rights Reserved