ウールローラー工法とは

 

ウールローラーとは?

外壁を塗るときには、主にローラーが使われます。もちろん、吹き付け塗装もありますが、最近ではローラーで塗る工法が多いかと思います。

ローラーは塗料の飛び散りが少なく、無駄に塗料を消費しなくてよい、厚く塗りやすいなどのメリットがあるので、おおくの業者で使用されています。

ウールローラーは外壁を塗装するときに使う、円形状のローラーのことです。

ウールで作られているローラーです。

出典:Y’s shop blog

 

ウールローラーの表面は円形の形をして、フワフワした毛がついています。

ローラーの表面が羊毛状になっているのでウールローラーと呼ばれています。

毛の長さや、素材によってさまざまなタイプがあります。塗料の種類や下地によってローラーは使い分けられます。

一般的に平らで滑らかな仕上がりを求めるときは、短毛のローラーを使います。

 

 

逆に、外壁がデコボコな場合は、長い毛のローラーを使います。

毛丈、素材、サイズ、形状など、様々なバリエーションがあります。

ウールローラーは塗装を均一に保ちやすく、外壁の模様をそのまま活かした状態で表現するのに向いています。

 

 

ウールローラーの種類とは

 

長さによって違います

ウールローラーは大きく分けると3種類に分類できます。短毛ローラー、中毛ローラー、長毛ローラーの3種類です。

よく使われるのは中毛ローラーです。

 

 

芯から毛先までの長さ(毛足と言います)で種類が分類されています。

短毛ローラーは毛足が4〜5mm程度と短いのが特徴です。鉄扉の塗装などに使われます。

滑らかな仕上がりを重視するときに使います。

 

中毛ローラーは毛足が13mm ほどのウールローラーです。

最もよく使われているローラーかもしれません。ウールローラーの中では万能型のローラーとも言えます。

多くの現場で使われるのが、このローラーです。使い勝手がよく、値段もお手頃です。

 

長毛ローラーは毛足が20mm以上の長さを持つウールローラーです。

デコボコのある塗装面に適しています。 毛足が長いので塗りやすいということです。

 

砂骨ローラーとは

 

砂骨ローラーとは何か?

砂骨ローラー(マスチックローラー)は穴がたくさん空いているローラーです。外壁を厚塗りするときに使うことが多いローラーです。網目状の仕上がりにすることができます。

 

 

厚みをますことで、細かなヒビ割れなどを隠すことができます。

厚塗り用の塗料は、ドロドロっとした粘度が高い液体です。そのような厚塗りをするときに砂骨ローラーは活躍します。

 

 

マスチックローラーとは

 

マスチックローラーとは

マスチックローラーとは厚塗り用のローラーです。 塗料を大量に取り込める!!という特徴があります。

塗料をたくさん取り込めるということは、壁面を厚く塗るときに適している。ということです。

 

 

模様を変えたい時や、モルタル壁でヒビ割れを防ぐ目的でつかいます。

ポリウレタンなどの素材でできています。ちなみに、金額は1本で2490円ほど。結構な金額です。

 

 

ウールローラーはいつ使うのか?

 

ウールローラーも厚塗りに適しています

砂骨ローラーは厚い塗膜をカンタンに作ることができます。おもに外壁の下塗りなどに使われたりします。

特にひび割れが多い外壁には砂骨ローラーが向いています。

しかしウールローラーでも重ね塗りをすることで砂骨ローラーに負けない厚い塗膜を形成することも可能です。

そこは、職人によって使い方が違うかもしれません。

 

   
 

ローラーの使い方は、職人によって違います。

さらに職人の腕によって変わってきます。

 

一覧に戻る

 

工事の基本

ビル・マンションの外壁補修

タイル工事について

改修工事について知ろう

外壁の種類について

外壁の模様とは

足場は必要なのか?

塗装に向いている時期とは

いつ工事をしたらいいのか?

正しい業者の選び方とは

外壁塗料の正しい塗り方とは

タイミングを見極めよう

劣化のチェック方法とは

見積りの出し方とは

タイルの浮きやすい場所

ビルの外壁の種類

コンクリートとモルタルとは

外壁塗料の種類について

正しい塗り方とは

どの業者を選んだらいいのか?

保証内容はここをチェック

空き巣の対策方法

サイディングボードとは

外壁工事に適した季節とは

U字カット工法とは

ウールローラー工法とは

ビルの無足場工法とは

タイルの補修工事とは

タイルの浮きやすい場所とは

タイルがはがれる原因とは

下地に注意しよう

外壁の落下とalc板の関係

タイルの色が違う?

タイルが落下する原因とは

 

 

外壁工事のサービスをしております

 

オフィスチャンプでは、ビルやマンションの改修工事をしております。

 

ビルマンションの外壁塗装

足場を使わない外壁塗装工事をいたします。

 

タイル工事

浮いたタイルを補修する工事をいたします。

 

ビルマンションの外壁下地補修

雨漏りしたら考える時期かもしれません。

 

ビルマンションの清掃作業

高所の窓や壁をきれいに掃除いたします。

 

ビルマンションのシーリング工事

シーリング工事をいたします。

 

ビルマンションの防水工事

ビル・マンションの防水工事で雨漏れを防ぎます

 

 

オフィスチャンプでは、全国でビル・マンションの外壁塗装をしております。ぜひご相談くださいませ。

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

【東京都の外壁補修・外壁塗装の地域について】

練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・町田市 ・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市など東京都の全域でビルやマンションの外壁塗装、外壁工事の実績がございます。

 

 

Copyright (C) 2016 office champ Inc, All Rights Reserved