ビルマンションの修繕工事 見積りの出し方

 

ビル・マンションの外壁塗装の見積り

ビルやマンションの外壁塗装、修繕工事、なんだか高そうだな・・・と思うことが多いと思います。

頼む業者によって、かなり値段が変わってきます・・・

そんなビルやマンションの外壁塗装ですが、外壁工事の業者はどのように金額を出しているのでしょうか?

今回は、ビルやマンションの外壁工事の見積り方法についてです。

 

 目次

 塗料によって値段が違う

 塗装面積の細かい測定方法

 依頼するときの注意点とは 

 足場を組むのか?組まないのか?

 修繕工事を依頼するときの注意点とは?

 まとめ

 

塗料によって値段が違う

 

つかう塗料によって値段が違います

ビルやマンションに使う外壁塗装の金額は、塗装をする外壁の面積によって変わってきます。

大きいマンションの場合は値段が高くなります。これはイメージがつくと思います。

さらに、塗料の値段によって、工事の金額が違います。塗料にもイロイロ種類があり、グレードがあります。

塗料の値段の違いについては、こちらをご覧ください。

 

 

 

塗装面積の出し方とは

 

外壁塗装 面積の出し方とは?

はっきりいうと、ビルやマンションの場合、塗装の金額を概算することはできません。

しかし、目安があります。一般的な住宅の塗装金額について考えてみましょう。

 

家を塗り替える場合

延坪×3.3×係数=外壁の面積」 という計算式で、だいたいの金額が出ます。

 

係数は1.2から1.7くらいの範囲と言われています。実際には1.2を使う事が多いです。あまりにも窓が多すぎる場合などはあまりないので、この計算で大丈夫です。

基本的に、塗装の費用は、塗装する外壁面積と塗料の単価によって決められます。

つまり、家の大きさによって値段が上下するわけです。

家の場合はこれで大丈夫なのですが、問題は、ビルやマンションです。

 

大きさや高さは様々です。面積が違うので、毎回細かく見積もりを出す必要があります。

ビルやマンションの場合、見積りを出すだけで時間がかかります。

 

ビルマンションの外壁塗装

 

塗装業者が面積を出す場合、図面から計算をするのが基本です。建物をしっかりとはかり、広さを計算していきます。

 

ビルマンション 立面図

 

ビルやマンションは、建物の大きさ、窓の数、エントランスの大きさなど、様々です。

 

ビルマンション 立面図

 

 

実際に見積もりをする場合、細かく採寸をします。ビル全体をやると、それだけでかなり時間がかかります。

 

 

また料金設定も違いますので正確な費用を出すことはできませんが、どのくらいの予算が必要になるのか?

の目安にはなります。

 

依頼するときの注意点とは?

 

ビルの形は様々あります

外壁塗装の見積もりを出す場合、あたりまえですが、塗る面積によって値段が違います。

さらに、足場を組んで塗装する業者の場合、足場が組みやすいか?によっても値段が変わってきます。

下の図を見てください。

ビルの形

一番左のビルは、よくあるペンシル型のビルです。このようなビルの場合は、比較的面積が出しやすく見積りも簡単です。真ん中のビルの場合、少し変わった形をしています。

さらに右側のビルなどは、特殊な形をしています。このようなビルの場合、足場を作るのも大変です。

一番右のビルの場合、見積り額に大きく差が出てしまう可能性があります。

ビルの形が複雑な場合は、無足場工法などの業者が適しています。

 

足場を組むか?組まないか?

 

足場を組むと値段が高くなる

ビル、マンションの外壁塗装の工事をする場合、足場を組むと値段がたかくなるのをご存知でしょうか?

外壁塗装の料金が高くなる原因は、「足場」です。

外壁塗装の料金が高くなる原因は、ほとんどが足場を作る、片付ける代金なのです。

 

 

足場は組むのに時間がかかります。

さらに、素人が見ても工事をしている感じがします。足場があることで、値段が高くても納得感が出るのです。

「これだけ大変なんだから・・・工事の値段が高くても当たり前か・・・」

と思うわけです。

 

 

本来足場はなくても外壁塗装はできます。

オフィスチャンプでは、「無足場工法」と呼ばれる、屋上からロープで降りながら、塗装工事をします。

足場を使わないので、工事費用がその分安くなります。

 

修繕工事を依頼するときの注意点とは?

 

ビルやマンションの修繕工事を依頼するときは、以下の点に注目してください。

 

  見積りがていねいか?

  保証書を発行してくれるか?

  足場を組むのか?組まないのか?

  実績があるのか?

  自社の職人がいるのか?

  空き室、防犯対策のノウハウがあるかどうか

 

大規模なマンション修繕工事でも悪質なやり方でお金をだまし取り、中途半端に工事を終わらせる悪質業者が存在しています。 悪質業者に引っかからないためにも、かならず、 上記の点はチェックをするようにしてください。

 

工事中は防犯対策があいまいになってしまいがちです。

防犯・空き室対策についてノウハウがある業者は安心して依頼できます。工事をする場合、足場を組むと、それだけ泥棒の侵入口が増えてしまいます。

 

さらに、工事費用も高くなるので、なるべく足場を組まないで工事をする業者を選ぶとよいです。

最近では、足場を組む時に、きちんと防犯システムを入れている業者もあります。

よい業者は、空き巣対策などもしっかりしているので、対策について聞いてみましょう。

詳細はこちら >>

 

まとめ

 

いかがでしたか?ビル、マンションの外壁塗装の料金。見積もりの仕方がわかっていただけたでしょうか?

塗料や塗る面積、塗りやすさ、足場によって値段が変わります。

ビルやマンションは、家の塗装と違い、建物の高さなどがあるので概算を出すのがとても難しく、値段も上下します。

ぜひ相見積をとってみて、依頼先を決めるようにしてください。

一覧に戻る

 

 

工事の基本

ビル・マンションの外壁補修

タイル工事について

改修工事について知ろう

外壁の種類について

外壁の模様とは

足場は必要なのか?

塗装に向いている時期とは

いつ工事をしたらいいのか?

正しい業者の選び方とは

外壁塗料の正しい塗り方とは

タイミングを見極めよう

劣化のチェック方法とは

見積りの出し方とは

タイルの浮きやすい場所

ビルの外壁の種類

コンクリートとモルタルとは

外壁塗料の種類について

正しい塗り方とは

どの業者を選んだらいいのか?

保証内容はここをチェック

空き巣の対策方法

サイディングボードとは

外壁工事に適した季節とは

U字カット工法とは

ウールローラー工法とは

ビルの無足場工法とは

タイルの補修工事とは

タイルの浮きやすい場所とは

タイルがはがれる原因とは

下地に注意しよう

外壁の落下とalc板の関係

タイルの色が違う?

タイルが落下する原因とは

 

 

 

 

オフィスチャンプでは、全国でビル・マンションの外壁塗装をしております。ぜひご相談くださいませ。

北海道 [ 北海道 ]

東北  [ 青森 | 岩手 | 山形 | 福島 | 秋田 | 宮城 ]

関東  [ 東京 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 神奈川 ]

甲信越 [ 山梨 | 長野 | 新潟 ]

北陸  [ 石川 | 福井 | 富山 ]

東海  [ 愛知 | 静岡 | 岐阜 | 三重 ]

近畿  [ 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 ]

中国  [ 島根 | 山口 |鳥取 | 広島 | 岡山 ]

四国  [ 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 ]

九州  [ 福岡 | 佐賀 | 長崎 | 熊本 | 大分 | 宮崎 | 鹿児島 ]

 

【東京都の外壁補修・外壁塗装の地域について】

練馬区・大田区・港区・足立区・荒川区・板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区・昭島市・稲城市・清瀬市・国立市・小金井市・国分寺市・小平市・狛江市・立川市・多摩市・調布市・西東京市・八王子市・東久留米市・東村山市・東大和市・日野市・府中市・町田市 ・三鷹市・武蔵野市・武蔵村山市など東京都の全域でビルやマンションの外壁塗装、外壁工事の実績がございます。

 

 

Copyright (C) 2016 office champ Inc, All Rights Reserved